人気ブログランキング |

確率の問題を扱ったディスカバリーチャンネルの動画。


「確率統計教育を小学生から生活の中で」

が株式会社シンクアップの主張です。
わが社の顧問である松原望東大名誉教授の株式会社ベイズ総合研究所と共同で教材づくりや統計に関するの相談(IRなどのコンサルテーション、アンケートの設計)やセミナーの実施などを4月からスタートします。手始めにリーフレットを作ってAI展で出展各社を回ってみようと考えています。

日本のAI人材育成には
柔軟な確率頭(かくりつあたま)を育成する必要があります。

統計頭(とうけいあたま)といってもいいのですが
データをできるだけ集めて分析するというパソコンを使ったデータ解析とビジュアル化がデータサイエンスと狭く理解されている節があります。

実はゲーム理論(映画ビューティフルマインドのジョン・ナッシュなど)や暗号解読(アラン・チューリングのエニグマ解読)、スパムメール判定、機械学習、ディープラーニングには確率統計学が使われています。少ないデータや薬の治験、原子力の安全性のように数少ない実験しかできない結果から推測するためにはベイズの公式のような確率論に馴染む必要があります。この部分の教育が日本ではアメリカ、中国に比べて遅れています。かなり。マイクロソフトがベイズ統計学者を世界中から集めてウィンドウズのヘルプ機能やeメールのスパムフィルターを開発し始めたのが1990年代。そこからGoogleの自動翻訳機能、そしてAmazon のリコメンド機能などどんどん研究開発が進みましたが日本ではそれに気が付くのに20年かかっています。しかし教育現場はまだその底流の変化に気が付いていません。古いままの統計教育(数理統計学主体)が幅を利かせているのです。

どうしてもこの10年で流れを変えていきたいと考えています。


# by blc5 | 2019-03-24 13:57 | 教育ネタ

「twitterで支援者を募る方法をずっと考えています。」

ある一人の若者のプロジェクトのために。
若者といっても来年40歳になるといいます。
彼は人生を有意義に生きるために世界中の国(と地域)を海と陸からだけで訪問するというプロジェクトを立てました。
普通の人(ってどんな人)なら目的もわからないい無謀というでしょう。

私にココナラというサービスを通じての依頼があったので、動き始めました。
正直にいうと昭和世代の私もどうなるかは気持ちの強さ、その人次第だと思っています。
私にとっては大切なクライアントなので、それで一度は会わないと判断できないと思い、先日横浜で会いました。
いい加減な気持ちではないということはわかりましたが、支援者を募るには目的も方法もまだ練れていないと感じました。
それで出発までには2年あるのでいろいろとアドバイスしました。
早速、ホームページやtwitterを充実させています。調査も始めたようです。

そこで冒頭に書いた「twitterで支援者を募る方法をずっと考えています。」となったわけです。

送った内容は
-----------------
以下のtwitterアカウントをよく研究してみてください。
ヒントがあります。
けいすけ@ツイッター分析のプロ(@kei31)さん | Twitter https://twitter.com/kei31
わかるくん@みんなのツイッター分析(@minnawakaru)さん | Twitter https://twitter.com/minnawakaru
小玉歩(@ayumu_fmc)さん | Twitter https://twitter.com/ayumu_fmc
ハヤト@脱社畜サーファー(@syunsyunSURF2)さん | Twitter https://twitter.com/syunsyunSURF2
ゆーき (@kkk00884017)さん | Twitter https://twitter.com/kkk00884017
イってる人(@iwkro)さん | Twitter https://twitter.com/iwkro

--------------
さて何に気づくかわかりませんが、私は『革命のファンファーレ』の西野亮廣さんのプロジェクトがこういう形で動いていることを知りました。
西野さんはこの本以後、いろいろと失敗も挫折も経験しつつ成長している人物なので注目している一人です。
日本の新しい経済の考え方、仕組みを作っていくことができる一人かもしれません。

私は昭和世代と書きましたが、平成をまもなく終えて新しい時代を迎えます。
希望を作り出せる若者を応援していきたいと考えて私も起業しました。
『教育』というフィールドでの活動が主ですが、その枠組みにとらわれすぎている今の日本の教育の世界を変えていくことで希望に繋げたいと思っています。

twitterをいくつも見ながら少し新しいものが見えた気がした今日でした。
実は3月27日に新しい広報、オウンドメディアについての90分の講演をするのでそのネタ探しでもありました。
ボーっとtwitterを眺めているわけではありません(笑い)
【参考】#西野亮廣エンタメ研究所
私が運営しているtwitterアカウント(の一つ)

いろいろやっているように見えて自分の中では一貫していますw
ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。



# by blc5 | 2019-03-19 04:57 | ソーシャルメディア広報

記事を書かないとさっぱりアクセスが上がらないブログですが、そういうことに関わらず今日はどうしてもお伝えしたいことがあります。それはトヨタイムズというTOYOTAの広報サイトについてです。

私たちの起業の目的の一つは学校広報をサポートするということです。
SMART広報という言葉でこれまでの学校広報(特に大学広報)からの転換を呼びかけています。
教育情報会社や広告代理店が主導する学生募集のための広報ばかりに人も予算も取られて、広いステークホルダーとのリレーション、情報の発信が圧倒的に足りていません。産学共同や地域連携の動きの中で社会の中の大学という意識が生まれていますが、まだうまく広報活動と連携出来ていません。
このことはまた書きます。
さて
今日の話題はFacebookのタイムラインで取り上げたトヨタ自動車のオウンドメディア『トヨタイムズ』についてです。
---------
これはすごい!

TOYOTAのオウンドメディア『トヨタイムズ』

INSIDE TOYOTA #8|トヨタイムズ

「トヨタ 春交渉2019」 〜もっと成長するために〜

豊田社長が体調を崩して欠席と冒頭からすべてを公開するモードが全開。

「トヨタ 春交渉2019」(労使交渉)のレポート記事からは
危機感が伝わってくる。

『トヨタイムズは、今まで公開されることのなかった、トヨタのありのままの姿をお見せするメディアです。モビリティカンパニー への変革に向けて、トヨタの中でどんな変化が起き、トップである豊田社長は何を考え、何をしようとしているのか?トヨタの内側をお見せしていきます。』
twitterのプロフィールより
https://twitter.com/toyotatimes/

その後の回のレポートが逐次載せられている。
「異例の展開」~埋まらぬ溝~
==豊田社長==
「今の段階で素直な感想を言うと、私は今までずっとこの労使協に出ているが、本音の話し合いは進んだと思う。でも、今回ほど、ものすごく距離感を感じたことはない。こんなに噛み合ってないのかと。赤字の時も、大変な時も、従業員に自分は向き合ってきた。自分は一体何だったのだろう。これは、背中(会社)にも言っており、こっち(組合)にも言っている。私が(労使交渉の)最初に言ったように、『トヨタとやはり一緒に仕事をしたい』という会社になっているか。やる気のある人もいる、この会社には。やる気がある、ただ、やり方が分からない人がいる。その人たちには、セーフティネットを与えたい」

まさにハラハラの展開。

隠さず伝える情報公開の姿勢に広報の覚悟を見る思いがする。
最新はコチラ

INSIDE TOYOTA #13|トヨタイムズ https://toyotatimes.jp/insidetoyota/013.html

みなさんはどうみるのだろう。
新しい広報の姿を見る思いがする。そう企業の広告宣伝とは全く違う。
従業員(組合・管理職・トップマネジメント)、家族の他、全ステークホルダーに向けた発信である。
オウンドメディアが真実性、公開(オープンでありアクセスしやすい)性、速報性などの点で優れたメディアであることを改めて認識した。

【参考】
https://twitter.com/toyotatimes/status/1105789595378044930
豊田社長への交渉後のインタビュー(ダイジェスト)
https://youtu.be/D1uMax_F8o4
ロングバージョン


----------------------

凄いでしょう。

トヨタのトップの本気が伝わってきます。

私たちもこのままでいいのかと喝を入れられた感じがしてきます。

3月27日に大学のオウンドメディアについて講師をつとめます。
地域科学研究会 高等教育情報センター(KKJ)
案内pdf

大学のオウンドメディアの事例についてはそちらでレポートします。
各大学様の相談もお受けしておりますので℃相談ください。
thinkupltd@gmail.com
または


のお問い合わせフォームからお願いいたします。

# by blc5 | 2019-03-17 16:46 | ソーシャルメディア広報

記事を書いたときにリンクを付けたテキストの色が青になっていないとリンク付きテキストになっていることがわからない。

基本設定かテンプレートで設定できるはずなので、後で調整します。(作業TTDメモ)

甚平ザメさんの「海と陸だけを使って世界のすべての国を回る」というプロジェクトを応援することとなったのですが、甚平ザメさんのブログで白地図アプリを紹介した記事がアップされました。




便利そうなので

仕事の道具(フリーソフト編)にリンクしておきます。




あとで必要な時に探しやすいでしょう。(作業備忘メモ)


# by blc5 | 2019-03-10 10:22 | 仕事の道具(フリーソフト編)

c0159756_01120411.jpg
昨日取り上げた一年前に書いた記事

その一項目の検証を昨日記事にしてみました。
今日はその続きで

2.広報支援
スマート広報というコンセプトでソーシャルメディアを使って広報をお手伝いしています。広告宣伝費はそれほどかけられないけどサービスや商品の情報を拡散したいが良い方法はないかと考えている個人(C to C)から企業(B to C)までを支援しています。プレスリリース、Twitter,Facebook,blog,Youtube,Instagramを使って広報していきます。

この項目を振り返ってみます。実はこのソーシャルメディアを使った広報というのはcoconalaというサービスを使って営業しているのですが、すこぶる評判がよく、ほぼ毎日案件が舞い込みます。ただこれは個人の副業や趣味のブログ、amazonや楽天の出店者の拡散以来が多く、金額も安いので売り上げに大きく貢献するというところには至っていません。サービス単価をあげていくことを検討中です。
拡散の仕組みはほぼ自社のメディアやそれに使うツールは固まってきました。(企業秘密の部分が多く、明かせませんw)検索エンジン対策(SEO)よりもサイトをルール通りにしっかりと作っていくかということが大切になっていると同時に、検索エンジン対策以外にSNSを使った拡散がサービスを知ってもらうのには大切になっています。

サイトは作ったけど訪問者がない。

これがクライアントの最大の悩みですので、これを手助けするサービスがあればクライアントは獲得できます。
これにオプションのサービスを作り、一件の受注金額があがればこのサービスは軌道にのると考えています。従ってこの一年の課題は価格戦略ということになります。

弊社がもっているソーシャルメディアを強化していくことも必要です。これが拡散のチャンネルになります。YouTuberやブロガー、レビュアーの育成に力を入れているのはそのためでもあります。

coconala(ココナラ)の弊社のサービス
blackcoffee11のソーシャル広報サービス | ココナラ

応援中の個性派揃いのYouTuberたち
高評価とチャンネル登録お願いします。

# by blc5 | 2019-03-10 01:03 | 起業ネタ