人気ブログランキング |

私たちがNPOマナビバで「えいご村を作ろう!」プロジェクトを5年前から始め、手始めに夏休みに国立女性教育会館(NWECヌエック https://www.nwec.jp/ )で2泊3日の「えいご村キャンプ」をこれまで4回開催してきました。

昨年は募集定員をほぼ満たし、「えいご村キャンプ」としてのコンセプト・メソッド・集客・運営までの一連のパッケージが完成しました。

2019年度はもう募集用のチラシも出来上がり、関係の方々には案内を開始しています。(チラシを置いてくださる所がありましたらチラシをお送りします。有料のイベントですので置いていただけるところ限られるとは思いますが、検討のために先に一枚だけお送りすることも可能です。お申し出ください)

さて国立女性教育会館の近くの小学校が廃校になり、活用のアイデアを募集していることを知りました。

キャンプ(合宿)ではなく、通年で開村する「えいご村」を作るというプランがだいぶ現実的に見えてきました。

当初から焦らずやろうと理事長(村長、mayor)である私はスタッフに話してきましたが、そろそろ動き出す時かもしれません。

えいご村のコンセプトは

村だからいろいろな年齢、性別、国籍、英語でコミュニケーションする能力の人が集まって一緒に活動し、暮らす場
Beyond the boaders,beyond the generations

です。

メソッドは1)英語耳を作る、英語口を作る、2)Why-What for-Becauseなどの英語コミュニケーションの基本を体で覚える3)プロソディ(音韻学)に基づく英語独特の音のつながり、表現を使いながら覚える、ということをゲームや歌やダンス、食事などの生活場面で体験しながら友だちを作り、共同でプレゼンテーションをするというものです。

教科としての英語を学ぶということはやりません。だから学年や英語レベルという考え方をしません。現実の村ではそういうことはないからです。
学校-教室という閉鎖空間からの英語やコミュニケーションの解放がテーマです。大きい子があるいは大人が小さい子、うまくコミュニケーションをとれない子を自然と助けるという場面を多く作ることがスタッフの心の配りどころです。そしてみんなでその時間と空間を楽しむ。

英語を教科とか学力とかとらえるのではなく、体育や芸術のように術(すべ)あるいはリテラシー、コミュニケーションの道具として生活の中で身につけることを目指しますので、キャンプ(合宿)よりも常時開村していた方がいいわけです。

ここで2,3週間暮らすとまず「耳が変わります」母音が基本でタンタンタンというリズムでしゃべる日本語と母音をできるだけ節約して子音特に語尾の子音で意味を伝える英語では「聞き方」が違います。(日本人の「こんにちは」とアメリカ人が「こにちは」では違いますよね。日本人は子音やリズムに無頓着なので聞き取れません。これは完全に慣れです。海外旅行すると1週間から2週間すると耳が慣れてきて(マ)・ダナ(ルド)がマクドナルドのことだとわかるようになりますよね。)そして不思議に口の筋肉も大きく動くようになり、横隔膜も使うようになりますし、ジェスチャーも大きくなっています。

さてこのプロジェクトを進めるためには一にも二にも資金ということになります。ファンドレージングが理事長の仕事でもあるので今年はいろいろな人に構想を伝えて財政的な協力者を募ります。

少子化で廃校は増えますので場所探しはできそうですし、今回訪ねた高知県土佐町など面白いと思いました。ジョン万次郎を生んだ高知だからです。
-----------

旧学校の利活用アイデア募集について/ 川島町 https://www.town.kawajima.saitama.jp/4499.htm

さて

これまで国立女性教育会館を使って4回、えいご村キャンプを開催してきましたので、運営のノウハウを聞きたいというところも出てきました。

楽しみです。


冬休みとかも使ってみないかという打診もあります。

数学・統計学を「観察・実験やゲームで学ぶ」合宿をやってみたいなあとは思っています。

NPOマナビバと株式会社シンクアップが共同で実施する形になります。

小学校5,6年生から中2くらいを対象に大人も入る『算数・数学・統計学をみんなで体験する生活サイエンス教室』。

スポンサーがいれば無料で実施したいですが、有料(受益者負担)でもやる意味はあると思っています。

みんなで色鉛筆やカラーペンやポスカなどを使ってグラフを作るなどが面白いかな。戦後に一時期そういう統計教育があった県があるようです。私が聞いているのは新潟県です。確か慶應義塾大学の渡辺美智子先生の研究があったと思いました。

インタビューを申し込んでみようと思います。



# by blc5 | 2019-01-17 09:05 | 英語

「土佐町で日本の教育の未来を考え“飲んで”語り合う合宿」

c0159756_07545663.jpg

二日目は会場を移してコミュニティセンターおこぜハウスで開催。「教育と子どもの幸せ」をテーマに学校の外の視点を入れて話し合いました。土佐町社会福祉協議会の山首尚子さんと隣町の香美市社協の徳弘さんが子どもと家庭を地域で支えていく活動を紹介。それが学校、保護者、地域との連携がどのような枠組みでなされていくのが良いのかという提言もあり、学校への要望もありました。

また上田市の教育を考える会の渡辺薫さんから如何に上田市で導入されかけた教員の資質向上の名目での人事評価制度に市民の立場から反対していったかの話がありました。

午前と午後、セッションごとにグループに分かれて全員が発言する対話を三回ほど回しましたので、みんなを知ることも出来、視野も広げることができました。

私にとっては今まで接点のなかった公立中学、高校の先生方と交れたことは勉強になりました。軽いカルチャーショックです。参加の動機は大阪市の全国学力テストの成績が教員の給与査定に利用されている(メリットペイ)という問題を鋭く切り込んだDaiyu SuzukiさんのWEBRONZAの記事を読んで面白いと思い、インタビューを申し込んだことでした。

インタビューを取りにわざわざ高知県土佐町にまで足を運んだのはそれくらいに論理がしっかりしていたからですが、今回さらに詳しく背景やこれまでの歩みをお聞きして収穫は大きかったと感じています。また全国のいろいろな方と知り合えたのも収穫でした。

鈴木さんのことを知りたい方はこの本がいいかな。
『崩壊するアメリカの公教育――日本への警告』
https://amzn.to/2stMsBn


# by blc5 | 2019-01-17 07:55 | 日々(日記)

土佐町でのイベント「土佐町で日本の教育の未来を考え語り合う合宿」に参加してます。

1日目は大阪市の教員評価、メリットペイの問題、教員の働き方改革のことを四人から発題があり、その後質疑応答。全国20都道府県から50名が参加。学校の先生(特に公立)が多いので、現場で起こっていることを知ることがとても刺激を受けています。

土佐町は「教育で町づくり」を掲げる町長の元、廃校寸前まで行った高知県立嶺北高校でNPO SOMAが中心になり隠岐東前高校から始まった高校魅力化プロジェクトを展開しています。町議会議長の川村雅士さんに町としての取り組みについても話を伺うことが出来ました。

「土佐の高知の~」ではなく「高知の土佐」から教育の新しい動きが起こりつつあります。教育への志(こころざし)を持った教師たちが狭くまとまるのではなく、周りをも巻き込みながら如何に大きな動きとしていくかという課題は私たち
が取り組んで来た学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(通称 GKB48)にも通じるものがあると感じました。

意図的か意図的でないか、わからないのですが、日本の教育は細かく分断(たとえば初等・中等・高等、教科、管理者、教員組合、行政など)されています。同じような問題意識をもって熱心に取り組んでいるクラスターは数多く存在しますが、縦、横の連携がありません。

今日の冒頭、鈴木大裕さんが紹介したチョムスキーの言葉「民衆を受け身で従順にする賢い方法は、議論の範囲を厳しく制限し、その中で活気ある議論を奨励することである」に出会いました。
c0159756_06093774.jpg

 この言葉は、私が国の教育政策を見ていて感じてきたことでした。そして、それが8年前東日本大震災を機にGKB48を呼び掛けた動機にもなっています。恐ろしいまで的確に表現されていて感動しました。

以下 NPO SOMA 杣(そま)のメンバーについてHPより。
これからの活動に注目です。

NPO SOMA
https://nposoma.org/
代表理事:瀬戸昌宣
1980年東京生まれ。農学博士(農業昆虫学)。桐朋高校でバスケットボールに打ち込む傍ら、オーストラリアに留学。大学時代の米国留学を経て、米国コーネル大学にて博士号を取得。コーネル大学ニューヨーク州立農業試験場で博士研究員として研究と教育に従事。2016年から土佐町役場に勤務し、地域の教育に参加。2017年5月にNPO法人SOMAを設立し、地域の教育の企画・運営をしている。林業を教育素材として、総合的な学習ができる杣の学校の設立を準備中。

副代表理事:鈴木大裕(Daiyu Suzuki
1973年神奈川県生まれ。16歳で米ニューハンプシャー州の全寮制高校に留学。そこでの教育に衝撃を受け、教育を志す。コールゲート大、スタンフォード大教育大学院で教育学を学び、帰国後に通信教育で教員免許を取得。千葉の公立中で6年半教える。後にフルブライト奨学生としてコロンビア大教育大学院博士課程へ。土佐町での教育を通した町おこしに取り組む傍で執筆・講演活動も行なっている。著書に『崩壊するアメリカの公教育:日本への警告』(岩波書店)。

副代表理事:大辻雄介
1974年兵庫県生まれ。慶應大学経済学部出身。大手進学塾・予備校にて算数/数学を指導したのち、通信教育会社ベネッセコーポレーションに転職。ICTを活用した教育ビジネスの新規事業開発を担当する。遠隔授業サービスにおいて同時接続1万5千人の授業を実践。2013年ベネッセを退職し、隠岐に移住。「島前教育魅力化プロジェクト」に参画。公立塾のマネジメントや教育ICT活用の推進に従事する。2017年度より土佐町のNPO法人SOMA副代表理事を務める。

# by blc5 | 2019-01-13 05:53 | 日々(日記)

c0159756_19325970.jpg
STORESjpのGKB48Bookstoreの一週間のアクセス推移
exciteブログがサイドバーにSTORES.jpのウィジットが貼り付けられる唯一のブログと知って4年前に更新を止めていたこのブログを再開させた経緯があるのでどうしてもSTORE.jpのアクセス推移には関心を持ち続けなければなりません。

そうでなければブログを書くことが目的化してしまいます。

ところがここ数日アクセスが下がりっぱなしではないですか。

オンラインショップの方は始めたばかりですので検索エンジンからアクセスが来ることは当分期待できません。STORES.jp内でも出版はマイナーなカテゴリーなのでポータルからのアクセスもあまり期待できません。

何とかしなければと思った一日です。

あすから関西・四国へ出張なのでこの投稿は1月11日に予約投稿設定しておきます。

# by blc5 | 2019-01-11 08:00 | 起業ネタ

朝メルマガをチェックしていてスタートアップに関して面白い記事を見つけました。


スタートアップに新たな可能性--「いきなり!ステーキ」が切り拓いた特許の最前線 - CNET Japan


特許に関してちょっと意外な記事でした。そしてスタートアップ起業にとってとても大切なことだと気が付きました。

とかく新規技術で起業するけど知財の保護が出来ておらず、あとから来る資本力のある大企業(かつて松下電器、いまpanasonicはマネシタ電器といわれた時代がありました)にアイデアを盗まれてベンチャー企業が潰れていく時代がありました。

ようやくベンチャー経営者=起業家にも知財の保護が大切であると認識されるようになり、事業を立ち上げるには技術だけではなく、営業はもちろん経営、人事を見る人も、法務、知財管理をするスタッフ(内外の)が必要であるという時代になりました。

スタートアップを支援する投資家(ベンチャーキャピタリスト)が生まれたことも大きいのでしょう。かつてのアスキーの西和彦さん(現須磨学園学園長)の失敗、逆にソフトバンクの孫さんの成功は流れを作ったといえるかもしれません。企業からのスピンアウトとしてはリクルート出身の方々の活躍も目を引きます。大学に営業に来ていたリクルートの人が起業して何人も成功してます。リクルートはそういう社風の会社です。それは先端テクノロジーではなく、べたなビジネスモデルをセオリー通りに人脈と営業力で大きくしていったという感じです。

実は最近i専門職大学(設置認可申請中)の宮島 徹雄 (Tetsuo Miyajima)さんにインタビューしました。

新しい大学のカテゴリーである「専門職大学」のことをお聞きしたかったからです。従来の大学とどこが違うのか、具体的に知りたかったからです。この内容については進路の先生が知っておくべきことなのでWEBで記事にするとともに高校の先生向けにセミナーを開く予定でいます。

そしてi専門職大学(あいせんもんしょくだいがく)とは何を目指しているのか、どのような学生を迎え、どのような人材を育成しようとしているのかを聞きました。

私なりにi専門職大学を表現すると


日本を元気にする
若き挑戦者=起業家を育てる大学


もっと特色を合わせて表現すると


実務家教員で構成された教授陣と大学が学生と一緒に外部の企業を巻き込み起業を始めるインキュベーター大学

という感じです。起業家ですから経営とか知財管理とかに強いということであり、実際に社会で活躍している社内起業家、起業家経営者を専任講師として迎え学生と一緒にプロジェクト型の授業を展開するということらしいのです。すでに100社ほどの会社の経営者や社内ベンチャリストと提携できているようです。就任予定のリストを見せてもらいましたが、面白い方ばかりでした。(設置認可申請中のためお名前は出せません)


もうひとつ墨田区初の大学としてできるということで、墨田区もかなり力を入れているようです。

個人的なことをいえば、墨田区は相当前からベンチャー産業育成に力をいれ、3Dプリンターもいち早く入れファブカフェを作った区であると知ってましたので関心をもっていた自治体です。このように自治体が深くかかわる大学も面白い流れです。少子化の中で苦戦する地方の私立大学が公立大学化して復活している例が教育界隈の話題ですが、墨田区とi専門職大学の例はまた新しい提携の形となるはずです。学生が居住し地域起こしをボランティアではなく、授業として行う姿が目に浮かびます。

私が墨田区に関心を持ったのは確かクリス・アンダーソンが『MAKERS 21世紀の産業革命が始まる』が出た年ですから2012年です。私もそのころから朧げに文理融合の新学部を構想し始めた時期であり、3Dプリンタに衝撃を受けた年でもありました。

「メーカーズ、メーカーズ 21世紀の産業革命」と熱にうなされたように会う人ごとに話していましたので私を知る方は覚えておられるかもしれません。


ついでながら『メーカーズ』には後半にドローンのことが出てきたのですが、不覚ながらこんなに可能性のある技術になるとは思っていませんでした。クリス・アンダーソンおそるべし、ロングテール、フリーミアム、メーカーズとすべてのトレンドを当ててますから。


じゃメーカーズの次は何かに着目しておくのもいいかもしれませんね。


随分とブログ記事のタイトルからは離れてしまいましたが、なかなか面白い一日の始まりとなりました。

自分の中でわが社の展望が少しづつ開けてきているのを感じます。


共同創業者の栗原社長にはいつも先走り過ぎとよくいわれますが、時代の先を見る目と信念がぶれないのには自信があります。というかそれを除いたら私でなくなります。常に預言者のようにほら貝を吹くのが私であり、エヴァンジェリスト、幻を見るビジョナリストであることはほぼ間違いないと自惚れ半分で思っています。


とは言え具体的な広報の仕事は粛々と進めていきますので、どうぞ応援してください。

具体的には

1)2月には井之上喬先生と未来の先生展の宮田さんと組んで『パブリックリレーズ for School』(中高生向けの総合学習用教材)の高校の先生向けのセミナーを飯田橋でやります。

2)PRクエスト株式会社の菊池泰功さんとプレスリリースのスキルアップセミナー中級編を2月に行います。大学広報教職員向けの一日セミナーです。アルカディア市ヶ谷

3)個別に大学広報コンサルテーションを行います。全国どこでも行きます。明日は京都。また2020年改革の動きを知るために高校現場のヒアリングを行っています。

4)大学経営のグローバル化の取材を進めていて4月に六本木にオフィスを持つあるHRファームと一緒に本を出します。

5)AIオンライン教材『Aidemy for school』の大学への導入を進めています。いくつかの大学へのヒアリング、提案を終えたので範囲を広げて営業します。

まだあるのですが、ひとまずこんなところです。

・メディアを選定してインタビューや取材などのセッティングも行います。

・学園報やオウンドメディアの戦略立案から制作までも請け負っています。他にはいない優秀は社外協力スタッフでチームを組んで目の付け所がシンクアップでしょといういい仕事をしますのでご用命ください。


今日のお散歩カメラ

OLYMPUS XA2



# by blc5 | 2019-01-10 11:01 | 起業ネタ